CHNOSProjectへようこそ!

CHNOSProjectは、私hikarupspが、川合秀実氏著の「30日でできる!OS自作入門」を基にして開発している、新しいOSを中心とする、一連のオープンソースソフトウエアプロジェクトのことです。

感想・意見等ありましたら、こちらまで>Impressions

このWikiについて

このWikiでは、各プロジェクトの計画や仕様、説明などを載せてゆく予定です。 基本的にすべての凍結されていないページは、だれでも編集できるようになっています。 コメント等は大歓迎です。 各種編集に対するSPAM等を回避するため、reCAPTCHAを使用しています。

プロジェクト命名の理由

「CHNOSProject」の大文字になっている部分は、全て元素記号を表しています。

  • C:炭素 (Carbon)
  • H:水素 (Hydrogen)
  • N:窒素 (Nitrogen)
  • O:酸素 (Oxygen)
  • S:硫黄 (Sulfur, Sulphur)
  • P:リン (Phosphorus)

そして、これらの元素を組み合わせることによって、多くの有機化合物は作られています。 このことから、ユーザーの要求に応じて多様な形に変化し、また進化するOSおよびソフトウエアを目指して、この名前がつけられました。

プロジェクトの中身

CHNOS

オペレーティングシステム。

  • 階層型でない、タグ管理型のファイルシステム
  • C言語とアセンブリ言語により記述、LLCFMOS完成後はそちらに移行
  • 従来のリソースをすべて利用できるような互換性
  • とりあえず動くことを目指す。その後に効率を求める。
  • 全く進んでいない。

CHNOSProject/CHNOS

LLCFMOS

プログラミング言語。 Language Like C, For Making Operating Systemの略。 時代に逆行して、C言語とアセンブリ言語を混ぜたようなものにしたい。このコンパイラだけでOSのすべてが(分かりやすく)記述できることを目指す。 移植性のことを考えて、中間コードを生成するようにするかもしれない。

  • 全く進んでいない。

CHNOSProject/LLCFMOS

AI

人工知能(?)。 AIは普通名詞(Artificial Intelligence).

  • 現在のメインテーマ。

CHNOSProject/AI

CHNLIB

Cライブラリ(関数群)。自作関数のうち、他のプロジェクトでも利用できそうなものをまとめる。

CHNOSProject/CHNLIB


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-17 (火) 17:01:30 (665d)